平日毎日更新!

コミック@バンチとGOGOバンチの作品が毎日読めるよ!

夏休みのバンチコミック

家族や親族が増えると、子供と過ごす時間も増えて、久しぶりの夏休み感を堪能してきました。

避暑地で有名な山梨県の小淵沢。甲斐小泉駅。

とっても長閑で懐かしい感じのする駅です。

鉄道に詳しいわけでもありませんが、こういうのを見ていると、ハマる気持ちが少しわかるような…。

やっぱり夏休みということでお子さん連れのお客さんがたくさん乗車しておられました。

で、バンチコミックにも夏休み感満載の作品がいくつか。

コマツシンヤさんの『つるまき町夏時間』はどストライクの夏休み感たっぷりの作品です。

ジブリ映画にも匹敵?の、少年、夏休み、大冒険、成長がしっかり描かれている名作。

古屋兎丸さんの『少年たちのいるところ』も、ちょっと変化球がかけられているように思いますが、、読後はしっかり夏休み感を堪能できちゃいます。

どちらも1巻というのは、夏休みの楽しさと儚さを描くにはちょうどいいボリュームなんですかねー。

是非、バンチコミックで夏休みを思い出してみてください。