平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

hoge

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

18世紀フランス革命前夜の頃、平民の出ながら、ヴェルサイユ宮殿で貴族以上の権勢を誇る“仕立て屋”がいた。彼女の名はローズ・ベルタン。王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの祖と称される人物の物語。
[月刊コミックバンチ連載作品:2018年12月~]

磯見仁月

代表作『クロノ・モノクローム』(小学館)、『ナックルダウン』(双葉社)

月1火曜日更新最終更新日:2019.9.17 / 次回更新日:2019.10.8
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:3620
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2019/09/18
高くつく、の中身、ベルダン自身が嫌がった関係を彼はひきうけたのかな?そうでないといいけれど、ありえそうだよなぁ時代的にも。今ですら変わってないし。上司とか上司とか。仕事行きたくない。ベルダンが花嫁に優しくてよかった。ベルダン頑張れー!
2019/09/18
熱い格闘漫画を読んでいるよう
2019/09/17
男に頼るでなく女に頼る、がいいですね。
2019/09/17
大変興味深い作品なのですが、少々指摘を...
布地商の店頭でのやり取りの中にある『それでもなお(メンカーム)』というセリフの元は『Quand même(それでも)』かと思われるのですが、この場合発音は『カンメーム』になります。確認をお願いいたします。
2019/09/17
他にも同時代の有名人を登場させてほしいです
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 火曜日
  3. 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン