平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

hoge

「子供を殺してください」という親たち

過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。現代の裏側に潜む家族と社会の闇を抉り、その先に光を当てる…。様々なメディアで取り上げられた押川剛の衝撃のノンフィクションを鬼才・鈴木マサカズの力で完全漫画化!
[月刊コミックバンチ連載作品:2017年3月~]

原作:押川剛 / 漫画:鈴木マサカズ

原作:押川剛
1968年生まれ。福岡県北九州市出身。専修大学中退。トキワ警備(現・株式会社トキワ精神保健事務所)を創業後、“説得”による「精神障害者移送サービス」を日本で初めて創始。移送後の自立・就労支援にも携わる。ジャーナリスト・ノンフィクション作家としても活動し、ドキュメンタリーが多数、放映される。2015年『「子供を殺してください」という親たち』上梓。2017年3月『子供の死を祈る親たち』を刊行。
漫画:鈴木マサカズ
1973年生まれ。静岡県出身。京都精華大学卒業。『無頼侍』『ラッキーマイン『銀座からまる百貨店お客様相談室』』など執筆作多数。『ダンダリン一〇一』がTVドラマ化、週刊漫画ゴラク誌上で『マトリズム』連載中、同ペシャル誌上で『町田ほろ酔いめし浪漫人生の味』など硬軟含めた意欲作で活躍中。

「子供を殺してください」という親たち 押川剛責任監修 崩壊家族「日本のリアルをどう解決するか」
https://www.kodomowokoroshite.com/

月1火曜日更新最終更新日:2019.7.23 / 次回更新日:2019.9.24
コミックスリスト
もっと見る>
[5巻]
[4巻]
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:10412
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2019/09/17
家族に問題なく子が先天性の脳の問題なら、すぐ親が気がつき真面目に病気を勉強して我が子に合った良い病院を探し動く。社会へ運動までして世に理解と行政訴え等の貢献するくらいであり責任逃れ放置で悪化はないでしょう。問題ないです。
親自体が人格崩壊していて肉体、精神虐待により正常範囲内の脳が萎縮、トラウマで思考回路が異常とかは誰もどうにもできなく事件になるまで放置悪化、問題なのはこのケース。
近親相姦の性虐待は、男女共に被害はあって、辛すぎるから多重人格の解離性同一障害になったりする。もう一人の人格さんが本人格が止めても事件起こしちゃうのストーカーであった。
先天性の話は背負える人がいるから、環境からなる救われないケースの方が議論先決だよ。
2019/09/17
家庭環境や家族が原因となる統合失調症型パーソナルディスオーダーもありますよ。
2019/09/16
統合失調症は脳の病気だから、環境やストレスが原因と言い切れない
友人が患者だけど、両親は普通の人、職場もそれほど忙しくなく人間関係も悪くない、何が原因かわからないと言ってた
医師は幼少期のてんかんと関連があると言っていたそうだが
2019/09/16
親のおかしさって色々。あからさまな虐待、責任放置で社会性がない自堕落生活親もいるし、高い地位で人から尊敬されるポストだが、実は愛がなく、常識使って人を思うように脅迫操作するやり方の親もいる。どっちも統合失調になる可能性は高いが、ならない人もいる。例えば、バイト先の店長とか親友とか善人のまともな人に触れてそこまで行かない場合もある。でも、親に似たワンマン暴力、支配操作巧妙な使い手の人間に出くわすとパニックになり解離暴走する、などの症状は否めないだろう。その自分に悩み相当苦労はしますよ。でも必ず引きこもる、統合失調になるとは限らない。
2019/09/16
親や身内の責任は大きいですよ。
そもそも病気を認めず精神科医療に繋げない親がいて、未治療になっている子供も多いんだからね。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 火曜日
  3. 「子供を殺してください」という親たち