平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

「子供を殺してください」という親たち

過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。現代の裏側に潜む家族と社会の闇を抉り、その先に光を当てる…。様々なメディアで取り上げられた押川剛の衝撃のノンフィクションを鬼才・鈴木マサカズの力で完全漫画化!
[月刊コミックバンチ連載作品:2017年3月~]

原作:押川剛 / 漫画:鈴木マサカズ

原作:押川剛
1968年生まれ。福岡県北九州市出身。専修大学中退。トキワ警備(現・株式会社トキワ精神保健事務所)を創業後、“説得”による「精神障害者移送サービス」を日本で初めて創始。移送後の自立・就労支援にも携わる。ジャーナリスト・ノンフィクション作家としても活動し、ドキュメンタリーが多数、放映される。2015年『「子供を殺してください」という親たち』上梓。2017年3月『子供の死を祈る親たち』を刊行。
漫画:鈴木マサカズ
1973年生まれ。静岡県出身。京都精華大学卒業。『無頼侍』『ラッキーマイン『銀座からまる百貨店お客様相談室』』など執筆作多数。『ダンダリン一〇一』がTVドラマ化、週刊漫画ゴラク誌上で『マトリズム』連載中、同ペシャル誌上で『町田ほろ酔いめし浪漫人生の味』など硬軟含めた意欲作で活躍中。

「子供を殺してください」という親たち 押川剛責任監修 崩壊家族「日本のリアルをどう解決するか」
https://www.kodomowokoroshite.com/

月1火曜日更新最終更新日:2019.6.25 / 次回更新日:2019.7.23
コミックスリスト
もっと見る>
[5巻]
[4巻]
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:9856
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2019/07/22
定期的に、漫画と関係ないヘンなコメントか書き込まれるよね

体制側とか左翼とかスマップとか西城秀樹とか、何の話だ?
脈絡なくあちこち話が飛ぶのが統失の特徴と聞いたことはあるけど
2019/07/22
こういう分類するのも何ですが、どちらかと言うと、押川さんは体制側ですね。元々の日本の道徳観を体現する的な。

山本や斎藤の様な左翼側の連中が、人間の動物としての欲望を全肯定した結果、人間のサディズム部分を諫めることもなく、家庭内虐待や際限の無い虐めに結びついている様な気がしますが、いかがですかね?

だから川崎や京アニの様な、全てを奪われて何のケアもされない無敵の人が、世間全体に復讐をした結果、あの様な悲劇になっているのが現状の様な。
2019/07/22
いや、すみませんが、れいわ新撰組と押川さん一緒にしないで。
れいわ新撰組とか山本太郎とか、権力に立ち向かってるように見せかけて、ガッツリ左翼の利権ズブズブの人達だから。

押川さんはガチだから。真逆だから。
2019/07/21
ジャニーさんは亡くなったけど、スマップメンバーをテレビ出演させない圧力かけてたとテレビでちょこっと流れてた。もしかして西城秀樹等もされたのかな。放送されないしなんか変なんだよね憶測ですが。権力のある人は、その権力を無用なプライドや過剰自己防衛、更に過剰利益増狙いで使う。でも手に入れたその権力は個人のために使う物じゃない。権力が大きいほど社会全体の利のために使う全体の物だと思う。れいわ新撰組とか押川さんとか抵抗勢力を恐れず真実をありのまま公開してその権力私物化による庶民抑圧を壊そうと、そのうねりを身で起こそうとする人達は、たくさんの庶民が賛同し守らねば立ち消えてしまう。小さくても大勢なら変えられる。童話のスイミーみたいに。
2019/07/21
衝撃を受けました。家庭教育が子供の一生を左右することが痛いほど良くわかる内容です。人間対人間の真剣勝負をしていかなければ親も子も不幸です。私も親として、どんなことがあっても「逃げない」と決めたいです。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 火曜日
  3. 「子供を殺してください」という親たち