平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

「子供を殺してください」という親たち

過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。現代の裏側に潜む家族と社会の闇を抉り、その先に光を当てる…。様々なメディアで取り上げられた押川剛の衝撃のノンフィクションを鬼才・鈴木マサカズの力で完全漫画化!
[月刊コミックバンチ連載作品:2017年3月~]

原作:押川剛 / 漫画:鈴木マサカズ

原作:押川剛
1968年生まれ。福岡県北九州市出身。専修大学中退。トキワ警備(現・株式会社トキワ精神保健事務所)を創業後、“説得”による「精神障害者移送サービス」を日本で初めて創始。移送後の自立・就労支援にも携わる。ジャーナリスト・ノンフィクション作家としても活動し、ドキュメンタリーが多数、放映される。2015年『「子供を殺してください」という親たち』上梓。2017年3月『子供の死を祈る親たち』を刊行。
漫画:鈴木マサカズ
1973年生まれ。静岡県出身。京都精華大学卒業。『無頼侍』『ラッキーマイン『銀座からまる百貨店お客様相談室』』など執筆作多数。『ダンダリン一〇一』がTVドラマ化、週刊漫画ゴラク誌上で『マトリズム』連載中、同ペシャル誌上で『町田ほろ酔いめし浪漫人生の味』など硬軟含めた意欲作で活躍中。

「子供を殺してください」という親たち 押川剛責任監修 崩壊家族「日本のリアルをどう解決するか」
https://www.kodomowokoroshite.com/

月1火曜日更新最終更新日:2018.12.25 / 次回更新日:2019.1.29
コミックスリスト
もっと見る>
[4巻]
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:8050
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2019/01/20
昨年11月の仙台で母娘が心中した事件、娘が学校でいじめられてて、両親は対策を学校や教育委員会にも依頼していたにもかかわらず
何もして貰えなくて、母親も体調崩して通院して、結果的に無理心中したらしいと。
父親が会見で訴えて話題になってますね。

https://www.kodomowokoroshite.com/topic/case-hlhdr/

私は子供を持つ母親です。
学校や他の機関の対応が不十分だったことも確かですしが、
母親が心身共に体調を崩してしまったということはありますが、
娘に手をかけ無理心中を解決策として選択したことが信じられず、母親を責める気持ちもあります。

子供は親の所有物という感覚がまかり通っているから、このような親が子供を傷つけたり殺す事件がなくならないんでしょうか。
日本の親子の問題は、親と子のありかたが変わらない限りなくならないのかと思いました。

同級生、学校、教育委員会、弁護士会、そして親、、どこかでこの女の子の命は救えたはず。。
とてもとても哀しい事件です。

ご冥福をお祈りいたします。
2019/01/18
↓の方のコメントに激しく同意!2
2019/01/18
↓の方のコメントに激しく同意!!
2019/01/17
下の人の言ってることは分かる。でも病院や施設には税金から補助金おりてるんだし、今みたいに患者を選り好み、危ないのはやりませんっていうのもどうなんだろ?
誰もやりたくないし、しょうがないよね〜って言ってたら、結果、未治療の人を地域で受け止めねばならぬことになるんだが。
そうなると究極、一般市民も専門家も区別がなくなる。何を根拠に専門家を名乗るのでしょうね?
2019/01/16
押川さんのように、めちゃくちゃになった家族の間にズカズカと(と言うと失礼ですが)入って説教できる人が、どれだけいるでしょうか?
刃物を振り回したり家族をエアガンで撃ったことのある男性と1対1で対峙できる人が、どれだけいるでしょうか?

私は精神科医や看護師、心理士の仕事に頭が下がりますよ
だれもしたくない仕事ですから

押川さんの仕事ぶりはすごいです
でも時に危険にさらされる精神医療に携わる人に「普通にできなきゃダメだよね」って、上から目線で要求できるものでもないと思います



他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 火曜日
  3. 「子供を殺してください」という親たち