平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

さよならわたしのおかあさん

漫画家・吉川景都が初めて描く、「亡き母の思い出と、母娘を巡る」自伝的エッセイコミック。自分が子供をもって初めて気づいた「母の行動」や「母の言葉」の数々。子育て中の現在と、亡き母の思い出が、重なりながら紡がれる希望の物語。

吉川景都

代表作は『片桐くん家に猫がいる』『猫とふたりの鎌倉手帖』『子育てビフォーアフター』。吉川景都のツイッターはこちら
→(https://twitter.com/keitoyo)

不定期水曜日更新最終更新日:2018.10.3 / 完結
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:15968
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2018/12/06
大月悠祐子「ど根性ガエルの娘」と合わせて読むと興味深い。

2018/12/05
父が難病、私は腫瘍でどっちの視点も分かってつらい。
2018/12/05
自分と自分の母とのことが重なりました。私の母はまだ元気ですが、やはり、闘病中なので、いつ何が起こってもおかしくない…。順番を考えてもははが左記に逝くことは当たり前かもしれない。だけど、母がいなくなるという概念は私に対するとって当たり前ではありませんでした。実家の母に会いたくなりました。
2018/11/30
さきほど購入しました。涙が止まりませんでした。
2018/11/29
書籍化!嬉しい!!また読める……ありがとうございます!!
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 水曜日
  3. さよならわたしのおかあさん