平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

さよならわたしのおかあさん

漫画家・吉川景都が初めて描く、「亡き母の思い出と、母娘を巡る」自伝的エッセイコミック。自分が子供をもって初めて気づいた「母の行動」や「母の言葉」の数々。子育て中の現在と、亡き母の思い出が、重なりながら紡がれる希望の物語。

吉川景都

代表作は『片桐くん家に猫がいる』『猫とふたりの鎌倉手帖』『子育てビフォーアフター』。吉川景都のツイッターはこちら
→(https://twitter.com/keitoyo)

不定期水曜日更新 最終更新日:2018.5.16 / 次回更新日:2018.6.6
応援コメント投票数:7082
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。

2018/05/21
私も同じような体験をしました。
母は強しで、弱音も吐かず、あっというまに旅立ちました。
最後、父と弟の喪服のしまってある場所がメモ書きで残っていました。わたしにはこの花瓶を自宅に持って帰りなさいと、自分が死んだ後お花をもらったら、飾る用にだったようです。最期まで家族を想い、旅立ちました。
2018/05/20
号泣、、、
2018/05/19
作者の方が癌で死にそうな顔してんじゃん
2018/05/19
お墓参りでお母様がえっちゃんに会いに来てくれたり、旅立っても変わらず優しくかわいいお母様が大好きです!
2018/05/18
肝硬変で母を亡くしたので、泣きそうになりました。
とても共感出来る作品。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 水曜日
  3. さよならわたしのおかあさん