平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

新潮社バンチ漫画大賞 第3回

Bバンチ漫画賞

『勇者様お帰り下さい』

佳作「10万円」 副賞 CLIP STUDIO PAINT PRO +マキヒロチ特別賞10万円
2019年2月21日発売「月刊コミックバンチ」4月号に掲載決定!!
サオトメ
STORY
東の国は長い間、隣国である西の国と戦争をしていた。ある日、東の国の軍師であるサイラスの元に、西の国が“異世界勇者”を召喚したとの知らせが入る。性格が悪く、おまけにロリコンなサイラスは、己の夢・幼王女の誕生のため、打倒異世界勇者を決意するのだが…。
編集部より
異世界という題材について、ベタな流れとメタ的な要素をうまく取り入れ、バランスよく描けていました。キャラだてもしっかりできていて素晴らしかったので、次回作ではさらに突きぬけたキャラクターを作ってみて欲しいと思います。
担当編集は「P作」!!

『サラリーマン銀次郎 -チャレンジシリーズ-』

佳作「10万円」 副賞 CLIP STUDIO PAINT PRO
2019年2月21日発売「月刊コミックバンチ」4月号に掲載決定!!
キヌガサ
STORY
一介のサラリーマン・銀次郎には、夢があった。それはうどんの食べ方や、横断歩道の渡り方など、幼き日より己に課した試練を乗り越える事。これまでの失敗をバネに、今日も漢の熱き挑戦が始まる――。
編集部より
笑いのツボをしっかりとおさえ、安定感がありました。毎回のチャレンジシーンには躍動感があり、めくりをうまく利用できています。ストーリーものを描く力もあると思うので、次回は動きのある長編にチャレンジして欲しいです。
担当編集は「仏」!!

『ホイクメンの解毒』

奨励賞「5万円」+井上淳哉特別賞10万円
青波エコー
STORY
22歳の新米保育士・子守新太は、多忙ながらも公私ともに充実した社会人生活を送っていた。そんな中、新太にある嫌疑がかけられる。それは、彼が嘘までついて保育園で疑われたくなかった“ある事”なのだが…。
編集部より
メインの題材選びがとても良かったと思います。また、それ以外にも様々な要素を上手にひとつの物語に落とし込めていました。物語の見せ方や展開をもっと意識すると、さらに作品の完成度が上がると思います。
担当編集は「K澤」!!

『旧天町通り雑貨店「七惑星」』

奨励賞「5万円」
着ちよあ
STORY
まことしやかな噂がささやかれる不気味な雑貨店「七惑星」には、厄介な悩みを抱えたお客さんがやってくる。そんな店でバイトする黒峰ミナは、自称普通の女の子だが…。
編集部より
雑然とした世界観がとてもよく描けていました。キャラクターもきちんと動いていたので、次は作品全体を通してのテーマや読者へのメッセージをより意識してみてもらいたいです。
担当編集は「M2」!!

『あなたのウンをわけてください』

奨励賞「5万円」
南行
STORY
腹痛と下痢が治まらず、会社を早退した主人公。重大な病気を心配して病院を受診するのだが、そこで医師から驚きの提案が。海外で実績のある治療法“FMT”とは…。
編集部より
シュールな部分がある反面、テーマや展開がとてもしっかりしていました。主人公の描写にもっと著者のこだわりや感情を吹き込めれば、さらに良い漫画が作れると思います。
担当編集は「H」!!
期待賞 特製QUOカード(500円分)
『素晴らしきナイトメア』えむわん(担当編集は「H」に決定!!)
『イメクラ嬢のなんとかちゃん』古宇りさ(担当編集は「仏」に決定!!)

総 評

審査員
井上淳哉先生

今回の応募作品は、全体的に話の構成がとても上手かった事が驚きです。僕は「漫画とはサービス業」と考えています。ですので、読者を楽しませようとしている作品を評価しました。楽しませるといっても手法は様々で、おかしな描写で笑わせてみたり、自分の人生を削り取って実体験で共感させたりと、なかなか正解というモノはありません。新人がなかなか持っていない、絵の上手さや漫画伝達技術は教えられます。何度も描いたり、上手な人から教わればある程度身につきます。ですが「人を楽しませる心」は教えられません。作者本人が純粋に何を楽しいと感じるか、何に感動したかという実体験がモノを言います。今回の上位の方々は技術は未熟ですが「楽しませる心」はしっかり持っていたと感じました。これからは表現技術を学びながら豊かな感受性で漫画を描き続けてください。

審査員
マキヒロチ先生

どうしてこれをテーマに描きたかったんだろう? と驚くようなオリジナリティのある作品ばかりでとても楽しく読ませていただきました。そしてどの作品もキャラクターがしっかりしていて、安心して読み進めることができました。でも、その中のいくつかは、どうしてこれをテーマに描きたかったのか読み手側に伝わらないまま終わってしまった印象のものもあり、そのへんをもうちょっとちゃんと描ききれていたらいいと思いました。それは、伝えたかったことをセリフにしたもの、表情、キャラクターの人柄、手段はなんでもいいので読み手側に印象に残るものを今後意識して描いたらいいのかなぁと思います。支離滅裂の漫画でも「なんかこの◯◯すきだなぁ」と思ってしまったら続きも読みたくなります。全てが完璧の漫画を作ろうと意識せず、ここだけでいいから気に入って欲しいってところを描いていって欲しいです。がんばってください!

  1. トップページ
  2. 新潮社バンチ漫画大賞
  3. 第3回