平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

漫画賞 第19回

第1話選手権

パッション

奨励賞「5万円」+審査員特別賞「10万円」 CLIP STUDIO PAINT PRO
栗原あゆみ(くりはらあゆみ)
東京都/30歳
STORY
芸術家を志すも成果が出ないアカリは、バイト先のメイド喫茶の客で、医大生のタカシと関係をもち、彼の初体験を奪ってしまう。これがきっかけでタカシに懐かれてしまったアカリだったが、ある日、タカシから創作活動の資金援助の申し出とともに告白されて……!?
審査委員長より
作者が、これまでしてきた漫画以外の経験が、作品に滲んでいる点がよかった。ヒロインの表情がくるくる変わるのが魅力的。ただヒロインが作中で描く抽象画はもう少し丁寧に描こう。実在の絵画を使う演出はアイデアではあるけれど、それに頼りすぎている。もう少し漫画的なキャラクター、構成を意識的に学んでほしい。その上で、自分が持っている経験を作品にのせることができれば、作者にしか描けないテーマ、作品が見つかるはず。
編集部より
主人公のアカリの描写が生々しく、血の通っている、目が離せない魅力的なキャラクターに仕上がっていました。ところどころ差し込まれる、実在する名画をモチーフにした表現法も洒脱で、言葉ではなくシーンで感情を表現しようとする姿勢が好印象でした。筋はわかりやすいものの、物語の展開自体に多少物足りなさを感じたので、演出の上手さを活かせる強いテーマを見つけて欲しいです。

フキダシ少年は嫌いですか?

奨励賞「5万円」
白都リン(はくとりん)
神奈川県/22歳
STORY
桜田高校に通う創瀬(はじらい)にはある秘密があった。それは、心拍数が上昇すると言葉がフキダシ化してしまうこと。この体質がバレる度に転校を繰り返してきた創瀬は、自分が所属している演劇部の憧れの存在、凛堂(りんどう)の前でも、秘密を守ろうとするが――!?
編集部より
心拍数があがると言葉がフキダシ化してしまうというアイデアが光っていました。その設定を活かし、最終的に主人公が演劇の公演を通して自分の体質を武器に変えるという展開も巧みでした。ただ、物語が丁寧に構成されていて読みやすい反面、ページ数がかさみ、多少冗長な印象も受けました。必要なシーンの取捨選択を徹底できれば、ラストシーンのキレも増すと思います。

パイロンヤンキー!!

奨励賞「5万円」
新矢りん(にいやりん)
大阪府/20歳
STORY
パイロン高校では、生徒はパイロンをかぶらなければならない。そんな一風変わった高校に通う元不良の水沢(ルビ:みずさわ)は、過去の自分と決別するためにパイロンをかぶり続けるが、昔の不良友達、洸(ルビ:ひかる)と出会ってしまい……!?
編集部より
扉絵のインパクトとシュールさが群を抜いていました。設定は突飛ですが、ストーリー展開は堅実で引きつけられました。ただ、登場人物の掘り下げや説明の少なさは気になりました。ラストの直前、洸と会って話すシーンで、既に水沢はパイロンをかぶっておらず、パイロンを脱ぎすてるラストシーンの見せ場のカタルシスが減ってしまっているのも残念でした。

何かを分泌せずにはいられない本屋24時

奨励賞「5万円」
向坂咲乃(さきさかさきの)
神奈川県/24歳
STORY
都内某S駅前にひっそりと佇む本屋の店員ヌタさんは、ヌタウナギのように、外部から刺激を受けると粘液を分泌してしまう体質の持ち主。さらには、マシンガントークならぬ爆撃トークで周囲に毒をまき散らす爆撃さんなど、この本屋にはおかしな店員ばかり集まるのだった。
編集部より
おかしな体質を持つ店員の仕事っぷりを、この奇妙な本屋に魅せられた男子学生の視点から覗き見する感覚が面白かったです。特殊体質のインパクトは強かったのですが、それ以外のキャラクターの情報が少なかったのが残念でした。キャラクターを掘り下げてリアリティがでれば、覗き見する面白さがもっと増すと思います。
期待賞特製QUOカード(500円分)
「B175のキス」 梅豆郷(大阪府/20歳)
「キングオブチキン」 とうろう(長野県/23歳)
「アルテノ」 日下純(福岡県/24歳)

総 評

審査委員長
うめ先生

総じて評する共通性がなかったので個別に。『フキダシ少年は~』は、完成度でいえば、今回いちばん上。難を言えば構成。P8までに演劇部に誘われて、P16で声が出なくなるようにすると物語がグッとしまるはず。フキダシをリアルに出せるのは、正直楽しそうで、読者が主人公の自己嫌悪に感情移入するには、説得力が足りてない。『何かを分泌~』はヒロインの無表情と分泌の相関関係がいい。にもかかわらず後半かなりヒロインが感情的になっていて、キャラクターが崩れているのが勿体無い。男子店員は不要。『パイロンヤンキー!!』は、扉絵のセンスは抜群なんだけど、作中でパイロンをかぶるという特殊設定を活かしきれていないのが残念。

  1. トップページ
  2. 漫画賞
  3. 19