平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

漫画賞 第20回

第1話選手権

歪む視界のセヴラン

入賞「30万円」
鷹弓ニコラ(たかゆみにこら)
福井県/17歳
STORY
人の内面が見えてしまう能力を持つ、刑事のセヴラン・マーゼイラは一つの事件に遭遇する。「私は常に見られている」という遺書を残し、自殺した22歳の女学生の捜査が進む中、自殺した彼女の恋人を名乗る男が現場に現れるが……。
審査委員長より
画力は高く、主人公の能力・本筋のミステリーもよくまとめられています。年齢を考えれば驚きの出来と言っていいでしょう。それだけに、ロング・アップ・ミドルの画面の使い分けが無いことや、構図やコマ割りの単調さ、背景・小物の雑さが目立ってしまいます。場面転換時に風景を大きく入れるなど、漫画的な文法と演出を身につけ、背景や小物もキャラクターを活かすキャラの一部だと思って愛情を込めることができるようになれば大きく伸びると思います。
編集部より
独特な世界観に深みを与える、個性的な絵柄と画力の高さが印象的でした。自称恋人を名乗る謎の男や、主人公の能力や佇まいなど、キャラクターの作り方も巧みで、事件の真相を知りたいという読者の興味を上手く煽れていました。デッサンや絵柄の巧拙のバラつきが減って画面が安定すると、今持っているオリジナリティがより際立つと思います。

累卵

奨励賞「5万円」
かわを
兵庫県/21歳
STORY
会社員の児原達臣には秘密があった。それは、未成年の女子学生、藤野こよみとの交流。彼女を家に招き、一緒に過ごす時間に安らぎを覚える達臣だったが、巷では未成年女性を家に連れ込み逮捕された男の事件が報道され——。
審査委員長より
題材にファンタジーや特殊な力を持つ主人公など現実離れしたものを描く新人が多い中で、現実にありそうなことを描く姿勢に好感がもてます。漫画の基本をきちんとおさえたコマ割りや構成なども評価できます。あとは読者に感動や驚きを与えるような発想や展開をストーリーに織り込む工夫をしましょう。「何で楽しませるか」を毎回はっきりと決めて創作にあたってください。
編集部より
社会人の男性と、未成年の女子学生の自宅での交流という、危うい関係性を上手く描き出していました。キャラクターの心情や想いを綴るネームにもセンスを感じます。一方で、ストーリー自体は無難で淡白な印象も受けました。もう一歩踏み込んだ展開に挑戦することで、描きたいテーマをより深めることができるはずです。

魔法少女になるために

奨励賞「5万円」
漫画:井出莉々亜 / 原作:松本芽依(漫画:いでりりあ / 原作:まつもとめい)
神奈川県/17歳
STORY
魔法少女になることを夢みるリジーは、魔法少女を越える、魔女の資質を持っていた。あくまでも、魔法少女になることにこだわるリジーは奮闘するが、そんな中、先代の魔女が封印した巨大な魔物が現れて——!?
編集部より
主人公には魔法少女を越える魔女の素質があるというせっかくの設定を活かしきれていないのと、最も盛り上がるクライマックスのシーンがどこなのか曖昧な印象を受けました。原作と作画を分けている割には、画力、ストーリーともに練り不足な感は否めませんが、キャラクターが愛らしくとても魅力的。面白くなる要素が詰まった、次作が楽しみになる作品でした。

出動!特別防衛科

奨励賞「5万円」
最上谷ゆー(もがみやゆー)
北海道/19歳
STORY
過剰者と呼ばれる特殊な個体から、人々を守る組織、「特別防衛科」に所属するみうとステア。日々、街の人々を守るために活動する二人の前に現れたのは、異常な筋力を持ち、街を破壊する小さな女の子で……。
編集部より
頭脳明晰で優等生なみうと、事務作業には難があるが、圧倒的な身体能力を持つステアという二人組のキャラクターの魅力が上手く表現できていました。勢いのあるキャラは好印象ですが、世界観や設定の描写不足が気になりました。キャラクターの魅力を支える作品世界のディテールにも気を配って欲しいです。
期待賞特製QUOカード(500円分)
「酒物語」 座布虎コロ(東京都/22歳)

総 評

審査委員長
藤栄道彦先生

これだけ平均年齢が若い人達の原稿は初めてかもしれません。全員に共通しているのですが、キャラクターだけでその他の苦手なもの・面倒なものは描かないという姿勢が目立ちます。これらは背景や小物・日常の何気ないシーンなど、派手さは無くても読者に世界観やキャラクターの息づかいなどを伝え、作品に命を吹き込むのに必ず必要なものなのです。「この作品で一番面白いのはここ!」というポイントを作り、そこを活かし引き立てるために全てのシーンを用意する。最初のうちはまずそれを心がけて描いてみて下さい。

  1. トップページ
  2. 漫画賞
  3. 20