毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が無料で読める!!!

ドナー法 ―ある臓器移植コーディネーターの記録―

ドナー法 ―ある臓器移植コーディネーターの記録―

医療AI・通称“プロフェッサー”の発明により医療技術が飛躍的に発達した近代日本では、大規模な医療改革が行われ、新・臓器移植法=通称“ドナー法”の名のもと、全国民に死亡時臓器提供の義務が課せられた。 それから15年。 医療保険省に勤務する隻眼の臓器移植コーディネーター・立浪は、今日も“臓器”をめぐるさまざまなドラマに立ち会い――。
[Bバンチ連載作品:2020年7月~]

いなずまたかし / 医療監修:吉開俊一

いなずまたかし
第2回『気になる第1話選手権』佳作受賞。本作で連載デビュー。
医療監修:吉開俊一
医学博士・脳神経外科専門医。著書『移植医療 臓器提供の真実』(2013年)『臓器移植の誤解をとく』(2020年)。

作品を読む最終更新日:2020.11.27 / 次回更新日:2020.12.4
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:1346
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2020/11/29
下のコメントの方へ。
おっしゃる通り、日本では基本心臓死。提供希望者のみ脳死は人の死です。
吉開先生のコラムを読んでください。
日本の現状、日本と世界のコラムにきちんと書いてありますよ。
2020/11/29
日本に脳死は根付いて欲しくない。先日家族の心臓死の瞬間に立ち会ったとき、光に包まれて急に安らかになった。今まで霊とか信じていなかったので驚いた。脳死で切り刻むってことは、あの光は切り刻んだ時に起きるんだろう。日本では基本心臓死、希望者のみ脳死を死にしてほしい。
2020/11/29
9話みたいなことが起こらないために、吉開先生のコラムようなルールがある。
全て知ることがいいとは思わないけど、どんな人に救われたかより、人が救われたという事実自体が、救いです。←何と言っていいか難しいけど。
2020/11/28
面白い!次回も楽しみ!!
2020/11/27
泣きました
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. Bバンチ
  3. ドナー法 ―ある臓器移植コーディネーターの記録―