毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が無料で読める!!!

ドナー法 ―ある臓器移植コーディネーターの記録―

ドナー法 ―ある臓器移植コーディネーターの記録―

医療AI・通称“プロフェッサー”の発明により医療技術が飛躍的に発達した近代日本では、大規模な医療改革が行われ、新・臓器移植法=通称“ドナー法”の名のもと、全国民に死亡時臓器提供の義務が課せられた。 それから15年。 医療保険省に勤務する隻眼の臓器移植コーディネーター・立浪は、今日も“臓器”をめぐるさまざまなドラマに立ち会い――。
[Bバンチ連載作品:2020年7月~]

いなずまたかし / 医療監修:吉開俊一

いなずまたかし
第2回『気になる第1話選手権』佳作受賞。本作で連載デビュー。
医療監修:吉開俊一
医学博士・脳神経外科専門医。著書『移植医療 臓器提供の真実』(2013年)『臓器移植の誤解をとく』(2020年)。

作品を読む最終更新日:2021.2.26 / 次回更新日:2021.3.12
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:1867
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2021/02/26
臓器提供を通じて、いろいろ考えさせられますね。
命とは、人生とは、幸せとは、社会とは…
いつも応援しています。頑張ってください!
2021/02/26
回を重ねる毎に面白さが増している。楽しみにしてます。
2021/02/16
下の「提供意思」のひと、この世界では「提供」は義務なので、意思は関係ないですよ~
2021/02/13
骨髄バンク応援ありがとうございます。
2021/02/13
猟奇殺人者の腎臓移植の話、コメント読んで気づいたけど「提供意思」があったから移植してもらえたんだよな。
腎臓の他にも臓器提供受けた人沢山いそうだし、自殺は早まったんではと思った。
自分が母親だったら話して本人に決めさせる、なんてことができるかなぁと想像してみたけど、私も黙っていそう。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. Bバンチ
  3. ドナー法 ―ある臓器移植コーディネーターの記録―