毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が無料で読める!!!

ペスト

ペスト

194X年4月、アルジェリア北西部の港町オラン。短い春を謳歌していた町は、前触れなく閉ざされた。恐ろしい流行病によって――。鼠の氾濫、謎のリンパ疾患、錯綜する情報、そして……。 凡庸な町が突如として熱病に侵される“不条理”を描き、圧倒的共感を呼んでいるノーベル賞受賞作家・カミュの代表作を、車戸亮太が激情のコミカライズ!!
[Bバンチ連載作品:2020年6月~]

原作:カミュ(宮崎嶺雄訳・新潮文庫刊)/ 漫画:車戸亮太

原作:カミュ
アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。

漫画:車戸亮太
滋賀県出身在住。「月刊モーニング・ツー」にて『フロイデ』(全1巻)で初連載。2019年3月Bバンチにて『嫁はBL漫画家』(全2巻)を連載開始。本作『ペスト』が3作目となる。

翻訳:宮崎嶺雄
東京生れ。東京帝大心理学科中退。岸田国士に師事、バルザック、サンド、メリメ、カミュ等、多くの仏文学を翻訳紹介。1941年、フランス文学賞受賞。戦後創元社編集長を務めた。

作品を読む最終更新日:2020.10.16 / 次回更新日:2020.10.23
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:1422
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2020/10/20
宗教は弱味につけこむんじゃなくて何もすがるものがなくなって絶望に沈むしかない人に最後に与えられる蜘蛛の糸だよ
すがったところで助からないと分かってても、何もないまま死んでいくよりは心が慰められるからという思いやりから与えられるもの
弱味につけこんでるのは、蜘蛛の糸を登山ロープや救助ワイヤーと誤認させる悪徳宗教家
勘違いしないで
人を騙して踏みにじるのはいつだって人の悪意だよ
思想ではない
2020/10/18
緊張感が凄い。当たり前のようにバカスカ死ぬ。最初の対応から。対応が始まっても。殆ど誤差。
疫病が流行る現状と被るところがまた。今のも死亡率が高まれば同様になるのだろうか。
2020/10/16
宗教っていつの時代も弱みにつけ込むペテン師のようなものですね…
2020/10/16
外の天気がどんどん荒れてくのが世間と心情を表してるように見える
2020/10/16
ペストも怖いが宗教のおかしな解釈も怖い。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. Bバンチ
  3. ペスト