毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチの作品が無料で読める!!!

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

18世紀フランス革命前夜の頃、平民の出ながら、ヴェルサイユ宮殿で貴族以上の権勢を誇る“仕立て屋”がいた。彼女の名はローズ・ベルタン。王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの祖と称される人物の物語。
[月刊コミックバンチ連載作品:2018年12月~]

磯見仁月

代表作『クロノ・モノクローム』(小学館)、『ナックルダウン』(双葉社)

作品を読む最終更新日:2021.6.11 / 次回更新日:2021.8.20
コミックスリスト
もっと見る>
[5巻]
[4巻]
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:12286
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2021/07/30
25話のシャルトル夫人、髪が注目されてるけど、ドレスもよく似合ってて素敵♪
2021/07/24
あの時代の奇抜なファッションがなぜ流行ったのかの解説が面白い
フランスのモードの解説って感じ
2021/07/23
改めて考えるとフランス側も「if」の可能性があったのですね。

if……嫁いで来たのがアントワネットでなかったとしたら?
if……第1王位継承者がオーギュストでなかったとしたら?

果たしてフランス王家はどうなっていたのだろうか?
そしてそのifの世界ではローズ・ベルタンはモード商としてベルサイユに無事に来られたのであろうか?

あくまでも個人的な妄想でしかないけれど何となく少しだけ気になった。
2021/07/21
待ち焦がれた本誌最新話。

面白いけれど内容的に陰と陽の落差が非常に激しくて色々な意味合いでドキドキしています。

そして早速もう来月号の内容が気になって仕方のない自分がいます・・・。
2021/07/21
本誌買って最新話を読みました。ベルタン、可愛い~!!
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. コミックバンチ
  3. 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン