毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチの作品が無料で読める!!!

僕の妻は発達障害

僕の妻は発達障害

僕、北山悟(30)は漫画家のアシスタント。妻の北山知花(32)は発達障害。ふたりの生活はいろんな問題があるものの、折り合いをつけながら、毎日を過ごしている。
[月刊コミックバンチ連載作品:2019年12月~]

ナナトエリ/亀山聡

漫画家夫婦。二人名義では、「アナグマの気持ち」(週刊モーニング)がデビュー作。月刊コミックバンチにて「僕の妻は発達障害」(監修:四宮滋子/医学博士)を執筆中。

作品を読む最終更新日:2022.10.7 / 次回更新日:未定
コミックスリスト
もっと見る>
[4巻]
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:8853
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2022/10/08
発達が遅いことの不安は同じでした。その後、子どもクリニック受診して広汎性発達障害の診断。そんな我が子も今年大学受験です。
2022/10/07
萌がナイト抱きしめたところでもらい泣きした
2022/09/25
私見ですが、心配している人も多いので誤解のないよう発達障害の立場から言わせてほしいです。

本当は、大人も子供も、ほとんど誰だって無邪気で子供っぽいんです。

定型発達の人は、「大人のすることじゃないから」「みっともないから」「人の目があるから」「危ないから」といって、無邪気で奔放な行動を避けます。でも、本当は定型発達も発達障害も関係なく、無邪気に遊びたい、かくれんぼでイタズラかました方が本当は楽しいかも、って感性を持っている人のほうが多いと思いますよ。だって、若い大人の人はたくさんゲームに熱中してる人がいるでしょう。
つまり誤解しないでほしいのは、精神的に未熟だから、幼いからみんなでかくれんぼをしてみませんか?と発想したとは限らないということです。
発達障害は、生活で不便に感じてることもとても沢山あります。一方で他人の目線やアレコレ考えを気にせず行動できるという意味では、定型発達よりも自由なところを持っているのかもしれません。
2022/09/21
知らない間に人を傷つけてしまう自分が嫌い。チカちゃんの言葉にすごく共感しました。こんな自分が嫌なのですが、理解してくださる方々に支えられ今もこうして生きてます。
2022/09/20
母親の萌さんだけでなく子供の騎士君も発達障害ですか。
自分が発達障害だと子供産んだり育てたりするのちゅうちょしますよね。
私の場合、無理だと考えて結婚も出産も諦めました。知花がどんな判断をしてゆくのか気になります。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. コミックバンチ
  3. 僕の妻は発達障害