毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチの作品が無料で読める!!!

僕の妻は発達障害

僕の妻は発達障害

僕、北山悟(30)は漫画家のアシスタント。妻の北山知花(32)は発達障害。ふたりの生活はいろんな問題があるものの、折り合いをつけながら、毎日を過ごしている。
[月刊コミックバンチ連載作品:2019年12月~]

ナナトエリ/亀山聡

漫画家夫婦。二人名義では、「アナグマの気持ち」(週刊モーニング)がデビュー作。月刊コミックバンチにて「僕の妻は発達障害」(監修:四宮滋子/医学博士)を執筆中。

作品を読む最終更新日:2022.6.17 / 次回更新日:2022.7.15
コミックスリスト
もっと見る>
[4巻]
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:7656
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2022/06/29
関さん、知花ちゃんへの嫌がらせ?

自分が移動で新しい職場で不安なときにこんなに明るくて上手くいってる先輩に出会ったら
嫌がらせしちゃうものなのかな?
でも…お世話になってる職場でこれしたらバレたとき自分がいづらくなっちゃうんじゃ…?
理由はなんだったんだろう…?
次回のお話も楽しみ!
2022/06/29
私も発達障害があります。知花ちゃんに共感しつつも羨ましいとこも。
料理できるの凄いです。適量などがわからないのとたくさんの同時進行があるので出来ない。
人の顔が覚えられないので、それでいやな思いをさせたり…。
普通わかるよね?って昔から言われまくりでつらいです。
2022/06/28
チカさん、どれだけ妖精のごとき可愛らしさで描かれていても、長年アパレル業界で働く大人の女性なんだ。
というのを再確認しました。
漫画で漫画家と戦うのは難しいかもしれませんが、サトルさんも同じレベルで戦って欲しい気持ちもあります。
アシスタントとして野村先生以外の先生に出稼ぎに行くことはある様子。
そこで明らかに発達障害と思えるキャラがドジっ子、不幸っ子として使い潰される様を目にし、チカ談判!じゃないヂカ談判!
みたいな。
2022/06/27
自分も、後輩に優しくいろいろ教えてあげようとしていたのが裏目に出て、次第になんとなく舐められてるというかアレ?先輩扱いされてないのかな...?と感じる態度をされることが多くあったので、この展開はとても近しいものを感じました。
2022/06/26
新人さん、今まで怒られて、貶され続けられすぎて、少しでも褒められると罪悪感を感じるようになったのでは?
これまでの人生が、認識を狂わせている気がします。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. コミックバンチ
  3. 僕の妻は発達障害