毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が無料で読める!

最果てから、徒歩5分

最果てから、徒歩5分

ある事情で「生きること」も「死ぬこと」もできなくなり、自殺の名所から徒歩5分のオーベルジュ・ギルダを訪れた"すもも"。店主の夕雨子・店員の息吹、シェフの膳と共に3ヶ月限定で店で働くことになるが――。がけっぷちのオーベルジュで紡がれる、悲劇と喜劇のロマネスク!!
[月刊コミックバンチ連載作品:2020年4月~]

糸井のぞ

主な著作は、『おじさんと野獣』(新書館)『真昼のポルボロン』(講談社)『グレーとブルーのあいまで』(プランタン出版)ほか。

作品を読む最終更新日:2021.1.29 / 次回更新日:2021.3.5
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:1248
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2021/02/27
また戻ってきたくなる漫画
2021/02/12
結局5股のことは言わない男とやり直すんかよ…
いい未来があるとは思えないなぁ
2021/02/07
8話も面白かったです!夕雨子さん、続き気になるー!
毎回料理も楽しみですが、今回はお酒!これまた美味しそう〜!
2021/02/03
8話読みました。『ありのまま』って難しいですねー。
好きな人が相手なら割りとなんでも「そんなこと」って笑えますけど、最初から伝えられて受け入れられるかというとそうでもないし。
二人で何かを積み重ねてやっと曝け出せる部分だものなぁ。

ただ、蒼市の昔の彼女がいびきや歯軋りを馬鹿にしたってのは、ガチで指摘したら傷つけるだけじゃ済まなくて空気も悪くなるから、笑い話にしたかった彼女なりの配慮だったんじゃないかな?ってちょっと思ったりした。
だから笑って「マジかー、ごめんなー。ちょっと病院行ってみたほうがいいかなぁ」って返せば良かったのかもしれない。

言葉にしないと人の気持ちは解らないけど、言葉にしても「裏があるかも?」と測りかねたりして。
人同士っていうのは難しいですねぇ…。
2021/01/31
毎回のテーマにどきりとしつつ、ご飯やお酒が美味しそうに描かれていて、何度も読み返してしまってます
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. コミックバンチ
  3. 最果てから、徒歩5分