毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が無料で読める!

最果てから、徒歩5分

最果てから、徒歩5分

ある事情で「生きること」も「死ぬこと」もできなくなり、自殺の名所から徒歩5分のオーベルジュ・ギルダを訪れた"すもも"。店主の夕雨子・店員の息吹、シェフの膳と共に3ヶ月限定で店で働くことになるが――。がけっぷちのオーベルジュで紡がれる、悲劇と喜劇のロマネスク!!
[月刊コミックバンチ連載作品:2020年4月~]

糸井のぞ

主な著作は、『おじさんと野獣』(新書館)『真昼のポルボロン』(講談社)『グレーとブルーのあいまで』(プランタン出版)ほか。

作品を読む最終更新日:2020.8.28 / 次回更新日:2020.9.25
応援コメント投票数:625
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2020/08/31
すももの明るさに救われるなぁ
すももって育ちの割に明るいし化粧も出来ているし、伊吹の事も平気なのは親から離れていた時期があったのかな?
ずっと否定されて育ったなら化粧とか髪を整えるようなおしゃれは難しくなるし
親にそうされたように、すももに対して否定が多い伊吹の言動には、怒ったり悔しがったり出来ずに
怯えて「ごめんなさい」って返すか、心の中で「その通りだ。自分は嫌で価値のない人間だ」ってなると思う
さすがに伊吹も悪口を言っても平気な相手だと判断したから言っているのだろうけれど
すももの過去話が気になる・・・
2020/08/29
4話も面白かったです!扉絵、最初は「可愛い〜」くらいに思って読み始めましたが、4話を読み終えてもう一度見たら意味が深まりましたー。次回も楽しみにしています!!
2020/08/28
次が本当に気になって、楽しみな、
大好きな作品です!!
2020/08/28
ほのぼの癒し系かと思いきや、平気でつるつる嘘をつくシェフや、絶さぬ笑顔から不意に醒めた表情を見せるマネージャー、そして何より徒歩5分の自殺の名所という立地。適度な翳りがいい感じのスパイスになっています。続きが楽しみです。
2020/08/22
3話、読むにつれてどんどん涙が込み上げてきました。読めて良かったです。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. コミックバンチ
  3. 最果てから、徒歩5分