毎週金曜日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が無料で読める!

白い巨塔

白い巨塔

医療ドラマの頂点にして原点!『白い巨塔』初の漫画化!! 小説刊行50周年を記念し、国民作家・故山崎豊子の永遠の名作が、ついにコミックの世界へ――
医学界の権力と策謀が渦巻く中心・浪速大学医学部で、天才外科医・財前五郎は何を得、何に敗れたのか…!?
最先端の術式、権力闘争、師弟関係、友情、教授選、そして医療裁判――数々の名場面に彩られた医療ドラマの金字塔「白い巨塔」が、現代の大阪を舞台にして、初の完全漫画化!

原作:山崎豊子(新潮文庫刊)
漫画:安藤慈朗
協力・野上孝子、一般社団法人山崎豊子著作権管理法人
医療監修:國頭英夫(日本赤十字社医療センター化学療法科)、高本健史(国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科) 取材協力:日本赤十字社医療センター、国立がん研究センター中央病院
[月刊コミックバンチ連載作品:2018年10月~]

原作:山崎豊子 / 漫画:安藤慈朗

山崎豊子:大阪府出身。毎日新聞記者を経て、小説『暖簾』で作家デビュー。『花のれん』で第39回直木賞受賞。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『運命の人』『沈まぬ太陽』がある。2013年より週刊新潮で『約束の海」の連載を開始、第1部(20話)を書き上げた後、呼吸不全のため死去。

安藤慈朗:東京生まれ。谷口ジローのアシスタントを経て、1997年デビュー。著作に『しおんの王』『武士道シックスティーン』『GUY~移植病棟24時~』『ストレイジ -警視庁眼球分析班-』『ヘルハウンド』などがある。
「山崎作品初、その上で国民的な作品の初漫画化ということで身が引き締まる思いです。連載にあたって取材を重ね、たくさんの方々の協力をいただきました。みなさんのお力を活かすよう、そして『白い巨塔』の作品と名に恥じぬよう、魂を込めて執筆していきます。応援よろしくお願いします」

作品を読む最終更新日:2021.2.26 / 次回更新日:2021.3.26
コミックスリスト
もっと見る>
[3巻]
[2巻]
[1巻]
応援コメント投票数:784
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2021/02/28
漫画版の財前は音楽を好んでいて前半ピアノ弾いててびっくり。
でも、唐沢版でも財前がシュミレーションオペのシーンでワーグナーの曲を流していたし、
原作の財前もクラシック好きで似てる。でもドラマ版財前より教授になるの若すぎるような。
現在の連載で財前は何歳の設定なんだろう。唐沢版より老けて見える描き方だし、すい臓がんで
すごく痩せていて、かわいそうなほど見ていて辛い。ドラマ版みたい安らかに財前が死ぬ設定
だったらいいですけど、今回はすい臓がんだから苦しむのかなあと思います。でも、里見が財前を看取る
所を漫画版でも見たいです。ラストの財前の手紙の内容も気になります。次回の最終回が楽しみです。
2021/02/28
更新ありがとうございます。
毎月楽しみにしていたこの作品もいよいよ最終回を迎える・・・
寂しいですが、同時に楽しみでもあります。
期待しています!
2021/02/27
なんやかんや言いつつも東教授も人の子なんだよなぁ。
2021/02/22
今週の連載漫画の白い巨塔で財前が病院を抜け出して里見の病院
に診て貰うために会うシーンはドラマ版でもあったけど、財前が術後ICUに入院して
いる時に点滴を取って、里見に治療してもらいたいとまた里見の病院に行くと
言いだし、もう病院を抜け出す状態じゃなくてドラマ版と比べてすい臓がんですごい
窶れ方で唐沢版より痩せ方が怖いくらい癌のリアルな描き方で驚きました。
すい臓がんは痩せ方が酷いからもうドラマ化は今後難しいかも知れない。
次回最終回でびっくり、財前が里見に看取られるのか、財前の遺書も気になります。
最終回になるのは寂しいけど、最後まで見届けたいです。
2021/02/02
財前に「助けてくれ・・・」は似合わんな
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. コミックバンチ
  3. 白い巨塔