平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

hoge

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

18世紀フランス革命前夜の頃、平民の出ながら、ヴェルサイユ宮殿で貴族以上の権勢を誇る“仕立て屋”がいた。彼女の名はローズ・ベルタン。王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの祖と称される人物の物語。
[月刊コミックバンチ連載作品:2018年12月~]

磯見仁月

代表作『クロノ・モノクローム』(小学館)、『ナックルダウン』(双葉社)

月1火曜日更新最終更新日:2019.10.8 / 次回更新日:2019.11.26
コミックスリスト
もっと見る>
[1巻]
応援コメント投票数:4414
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。
※いただいたコメントは、本作品の宣伝のために使用することがありますので、あらかじめご了承ください。

2019/11/09
TV番組・サワコのひとり旅~ハプスブルク家の繁栄を支えた女たち~経由でアントワネットとマリア・テレジア関連の情報をやっていました。

もしも後のベルタンの漫画の方でも何処かでこれらの情報のリンクが見れたらと嬉しいかも。
2019/11/03
作品のタイトルも「~~風」っていうのが面白い
2019/11/02
「戎衣」はいくさ場での衣装のことですね。
この作品は絵の美しさだけでなく、台詞回しも情趣があって好きです。
2019/11/01
すごく先が楽しみ
2019/10/31
ベルバラでは、コメディな感じのローズベルタンがこんなに才覚豊かな女の人に描かれていてギャップが凄いです。
でも、ファッション界のトップまで登り詰めた女の人と考えたら、こちらのベルタンの方がしっくりきます。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 火曜日
  3. 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン